生命保険・医療保険のように 不動産投資ならその活用法によって保険以上のメリットを生み出すことができます。

不動産で「受け取る」保障を作る

不動産投資を生命保険として考えた場合、一般的な保険がもしもの場合にまとまったお金を残せる事に対し、不動産投資では収入を保障できる資産を残せる事になります。つまり、家賃収入と言う形で定期的な収入保障を遺族の方に残してあげることができるのです。

また、貯蓄型保険として考えると、一般的な保険が満期後に積み立てたお金を「減らしていく」形の保障に対し、不動産投資であれば、満期がローンの完済になり、完済後は家賃を受け取っていく、「増やしていく」形の保障として見ることができます。

保険の場合、不動産の場合

ガンや8大疾病にも安心

マンションをローンで購入により、団体信用生命保険に加入することになります。万一の場合も保険金でローン残高を相殺でき、完済されたマンションで家賃収入を得られ、残された家族の生活の安心を保証できます。

しかもソヴリックコーポレーションの提携ローンなら3大疾病+5つの疾患保証付きの安心 3大疾病:ガン・脳卒中・急性心筋梗塞+5つの重度慢性疾患:高血圧症・糖尿病・慢性肝不全・肝硬変・慢性膵炎 保障期間:住宅ローンご返済期間 保障満期:年齢が満80歳に達したとき ※詳しくはお問い合わせください。

ここがポイント!知れば安心。保険商品としてのメリットとリスク

不動産投資においてローンを組むことは、月々の家賃収入を確保しながらも団体信用生命保険に加入できるという2つのメリットがあります。

メリット
団体信用生命保険で生命保険代わりに
ローン期間中に何かあればローンの残債を保険会社が支払ってくれますので生命保険代わりになり、物件資産と家賃収入を家族に残すことができます。また、不動産投資はローンの返済を家賃で補っていく形になりますので、保険料のような自己負担を抑えることができます。
メリット
現物資産なので万一の時にも活用できる
貯蓄型保険と違い、月々の収入はもちろん、現物資産として最終的には売却をすることもできます。
デメリット
保険に比べて不透明感がある
不動産投資では経済環境や自然災害等、他の商品と同様にどうしようもない影響を受けることがあります。また、家賃収入は未来に向かって受け取っていただく収入になりますので、中々予想できないリスクも有りますが、資産価値の目減りが少ない物件の選定や損害保険への加入等あらかじめ対応しておく事で、リスクを軽減することもできます。
なお、生命保険や疾病保障に関しては、ローンを持つ限りいつまでも恩恵を受けることができます。

不動産投資のメリットをうまく活用することで、生命保険よりも大きな効果を発揮!

お客様の声 生命保険の役割を期待して不動産投資を活用!

不動産投資のリスクって?デメリットをしっかりと理解したい。そんな皆さまのために不安解消Q&A

不動産投資の魅力

  • 安定した副収入を得るために

    お客様の声
  • 生命保険・医療保険のように

    お客様の声
  • 節税効果を期待して

    お客様の声
  • 不動産投資でマンションオーナーになろう!
  • 【投資物件選択のポイント】新築物件を選ぶべきか?それとも中古物件か?
  • お客様を親身にサポート マンガで解説 それいけ夢追くん
  • 採用情報
  • 【そヴろぐ】ソヴリック公式ブログ
  • 一般社団法人 相続診断協会
  • ソヴリックコーポレーションではファイナンシャルプランナーが皆さまのライフプランをサポートします。
  • ソヴリックコーポレーションでは賃貸不動産経営管理士の有資格者が皆さまをサポートします。
不動産投資、賃貸経営に関するお問合せ

フリーダイヤル:0120-472-713

受 付|10:00~21:00
定休日|第1、第3火曜日、毎週水曜日

お客様ご意見・苦情専用ダイヤル

皆さまのご意見お待ちしております。

フリーダイヤル:0120-472-177

受 付|10:00~21:00
定休日|第1、第3火曜日、毎週水曜日

アクセスマップ >

株式会社
〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪タワーBオフィス 14階